ニュージーランド留学基本情報

学習教科について

ニュージーランドでは2004年から旧大学入試システムに変わりNCEA(National Certificate of Educational Achievement)が導入されました。それまでの大学進学はユニバーシティー・バーサリーと呼ばれる高校3年時の試験の結果により決められていましたが、NCEAはこの「一発試験」の弊害を排除するために、高校3年間の学習科目を一定の基準をもとに生徒の達成度を評価して、最終学年(レベル3)の総合成績、その他テスト以外の要素で合否を決定するものです。

それぞれの分野の代表的な科目を上げると
◆ 国語科(英語):文学、メディア、視聴覚テキストによる学習、文字テキストによる学習など
人文社会科:地理、歴史、経済、商学、古典学習、会計、観光など
◆ 理科:一般科学、生物、物理、地学、化学、農学、環境学など
◆ 数学:代数学、図形、三角関数、微分積分、統計学、応用数学等
◆ 外国語:ドイツ語、日本語、ラテン語、中国語など
◆ 芸術科目:演劇、音楽、美術、写真、ダンス、デザイン
◆ 専門技術:農業、商業、機械技術、ホスピタリティー、料理栄養、美容など
◆ テクノロジー関連科目:デジタルテクノロジー、素材テクノロジー、製品デザイン

NCEAレベル1 - 80単位以上の獲得で達成
Year11(日本の高校1年生)よりNCEAのレベル1が始まります。レベル1を達成するために必要な単位数は80です。80単位のうち、数学(numeracy)に関して8単位の獲得が必須となり、国語(英語:literacy )に関しても8単位の獲得が必須となります。

NCEAレベル2 - 60単位以上の獲得で達成
Level2の科目で60単位以上取得していること

NCEAレベル3 - 60単位以上の獲得で達成
Level3の科目で60単位以上取得していること


ページ先頭へ戻る