ニュージーランド留学生活編

ホームステイでの問題点

卒業を目的とした留学でのホームステイは一般的に滞在期間の限定はありません。家庭の事情が急変し留学生の受け入れが出来なくならない限り、卒業までの留学生活はホストファミリーと一緒にすることになります。

ホームステイでのトラブルはおおよそ留学生とホストとのコミュニケーション不足によってもたらされますが、問題解決のために最も必要なことは、留学生本人が現場でどのように問題に向き合い、解決のための努力をするかということです。

今までにあった本人からホストへの問題提起を下記に示します。
・門限が早すぎる
・食事がいい加減、おいしくない、ファーストフードが多い
・小さな子どもがうるさすぎる
・ホストマザーがルーズで時間を守らない
・ホストマザーが口うるさい(学業、生活面で)
・他の留学生がホームステイしていてうまくやってゆけない
・朝、ホストが起こしてくれない
・ホストの電気代などの節約が徹底していてついてゆけない
・食事の食べ残しをそのままペットに食べさせた

留学生からもたらされた不満を列挙しましたが、大切なことは、ホストファミリーも同様に留学生に対する不満があるということです。ホームステイのトラブルは、人間関係のトラブルですから、ホストないしは留学生のいずれかが一方的に悪いという状況はあり得ないと私は思っています。異文化に加えて、個別の家庭の「文化」を理解することは、簡単ではありません。

「ホームステイ生活」という科目として、留学生に単位を認めても良いのではないかと思われます。

留学初期、ほとんどの留学生がホストへの不満を正確には相手に伝えられません。「英語ができないから」ではないのです。相手に自分の不満を直接伝えるということをよしとしない日本の慣習が留学生にあるからです。ヨーロッパ、南米からの留学生は英語が出来なくても、相手に自分の不満を伝えます。
留学生の不満は「愚痴」としてお母さんに「最初に」もたらされ、それを受けたお母さんは、当然本人の不満をコンサルタントに伝えます。問題の本質は、留学生本人が「どうしたい」という結論をはっきりと持っていないと、どのようなかたちで現地に指示やお願いをしたらよいのかがわからないということです。

・ホームステイを変えたい
・ホストマザーと話し合いたい
・それとも単なる「愚痴」としてお母さんに聞いてもらえば気が済む

など、自分の意志を明確にすることが、ホームステイのトラブルシュートに大変役立つとともに、異文化理解の進歩にもつながります。このような生活状況での進展がなければ、留学の意味が半減してしまいます。

ページ先頭へ戻る