ニュージーランド留学生活編

納得のホームステイ生活のために

ホームステイでのトラブルシュートで最も大切なことは、留学生とホストファミリーとのコミュニケーションを良くすることです。ほとんどのケースでホスト側は思っていることを明確に生徒に伝えますが、それを生徒が理解しない、また理解しても自分の意見を言わないところに問題があります。「日本の生徒が意見を言ったらおしまい」というのは、冗談ではありません。

英語が話せないから仕方がないと考えてはいけません。英語が話せるかどうかではなく、相手に自分の思うところを伝えるかどうかです。紙に自分の意見を書いてホストマザーに渡すこともできます。言いたいことをメモして、読み上げてもいいのです。

食べ物の問題は近年あまり聞かなくなりましたが、食べられないものや、好き嫌いははっきりと言うべきです。子どもがうるさければ、静かに勉強できる環境を考えてほしいとホストマザーに相談すれば、なんらか考えてくれます。ホストの側がルーズで時間を守らない状況が長引けば、当然のことながらホストを替えなければなりません。ホストマザーがあれやこれやと口うるさければ、なぜ口うるさいのかという話し合いがなければ、事態は改善には向かいません。他の留学生がいて、うまくやれなければ、留学生とも話し合うことは必要不可欠です。

人の家庭で長期間暮らすことで、自分の家庭とその環境がいかに恵まれたものかが理解できると思います。また、ひいては日本という国がいかに便利で豊かかということも計り知ることができると思います。そして、生徒たちは便利さや豊かさ、恵まれた環境について再考すると思います。

ほしいものが手に入らず、自由にどこにでも行けない留学生は、時として憤懣を爆発させることもあります。異文化で暮らすのですから、それも当然と言えます。しかし、それで自暴自棄になる生徒はいないのです。彼らには、生きることの原点といえば大げさかもしれませんが、すくなくもと精神の豊かさをホームステイから学べると思います。


ページ先頭へ戻る